診療のご案内

診療のご案内

はじめての方へ

以下のものをご持参下さい。

  • 健康保険証(※初診、および月初めの受診)
  • 当院の診察券(※再診の方のみ)
  • 各種公費負担の医療受給者証(※お持ちの方のみ)
  • お薬手帳または服用中のお薬(※お持ちの方のみ)
  • 病院の紹介状(※お持ちの方のみ)

ご受診にあたって

  • 就・転職などにより、ご加入の健康保険が変わった際は、新しい保険証を受付にご提示ください。
  • 他の医療機関で薬を処方されている場合は、お薬手帳をご提示ください。
  • 妊娠中、および妊娠の可能性がある方は、必ずお申し出ください。
  • ひどい痛みや高熱、嘔吐などの症状がある場合は、受付にお申し出ください。
  • 当院では、個人情報の取り扱いにはスタッフ一同、細心の注意を払っておりますので、安心してご受診ください。

診療時間

…乳児股関節脱臼二次検診(予約制)
14:00~16:00

…土曜午前 9:00~12:30
休診日/土曜午後・日曜・祝日
診療時間 日祝
午前の診療
9:00~12:00
午後の診療
16:00~19:00

診療内容

一般整形外科

日本整形外科学会認定の整形外科専門医である当院長が、運動器(骨、筋肉、関節、神経 など)の異常(痛みや違和感 など)を訴えて来院される患者様の診療を行うのが一般整形外科です。具体的には、首、肩、腰、膝、手足などの各関節、筋肉、腱に痛み(肩こり、腰痛、膝の関節痛 など)がある、神経が原因と考えられる症状(手足のしびれ、感覚障害、運動障害 など)がみられる、骨折や脱臼、打撲などによる痛みや腫れがあるといった患者様を対象に診察・検査・治療を行っていきます。

>詳細はこちら

リハビリテーション科

整形外科で行われるリハビリテーション(リハビリ)は、医学的リハビリテーションの中の運動器リハビリテーションになります。当外来はその中の運動器の障害に対して行うリハビリになります。例えば骨折をした場合、骨を癒合させるためにギプスなどで固定して安静にした状態になりますが、これによって活動量が少なくなると、筋や骨の委縮、関節拘縮といった症状(廃用症候群)が出るようになり、やがて日常生活動作においても多大な影響が出るようになります。高齢者であればあるほどそのリスクは高くなっていきます。そのため、患部以外の関節や筋肉については積極的に動かしていく必要があります。

>詳細はこちら

スポーツ整形

主にスポーツによるけが(組織損傷)を中心とした外来になります。この場合は、日常生活で起きる運動器の症状とは、かなり異なることが多く、その大半は特殊です。そのため、当院では一般整形外科と分けて対応いたします。なおスポーツのけがにつきましては、大きくスポーツ外傷とスポーツ障害に分類されます。前者はスポーツ中に生じた強い外力による組織の損傷のことで、骨折や腱の断裂、靭帯損傷、肉離れといったものがあたります。後者は同じ動作を繰り返す、いわゆる酷使(オーバーユース)によって起こる障害のことで、疲労骨折、腱の炎症、靭帯の炎症、習慣性となった脱臼、関節不安定症などがあります。

>詳細はこちら

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、骨がもろくなってしまい(骨密度の低下)、そのことで骨折しやすくなる病気です。同疾患の原因は2つ(原発性骨粗しょう症、続発性骨粗しょう症)あると言われています。骨量(骨密度)が低下していく過程で何かしらの自覚症状が現れるということはほとんどありません。しかし、骨密度が低下するに従って骨折しやすくなるというところがこの病気の怖いところです。
骨粗しょう症による骨折の代表的な疾患である脊椎圧迫骨折や大腿骨骨折を起こすと、寝たきりになったり認知症が進んだりして、これまでの生活が一変することもあります。
したがって、普段から転倒しないように心がけることはもちろんのこと、何よりも骨を強くしておくことが重要となってきます。
当院では骨粗しょう症の分野で国内最大規模を誇る日本骨粗鬆症学会が推奨する腰椎と大腿骨のDXA法(二重エネルギーX線吸収測定法)で検査を行い、正確に骨粗しょう症の程度を評価します。さらに必要に応じて採血も行い診断し適切な薬を処方してまいります。

>詳細はこちら

関節リウマチ

原因不明の免疫異常によって関節に腫れや炎症がみられる疾患です。よくみられる症状は、手指や手、肘、膝、足の指といった関節に左右対称でみられる腫れ、痛み、朝方のこわばり、関節の変形などです。さらに病状が進行すると関節の破壊がみられるようになります。また同疾患と診断される基準には、3ヵ所以上の関節で腫れや痛みがあるというのもあります。

>詳細はこちら

乳児股関節エコー二次検診

当院では、乳児股関節エコー二次検診として、開排テスト、大腿鼠径(だいたいそけい)の皮膚のしわが左右対称か、下肢の長さが左右均等か、といった身体の徴候のチェックをし、さらに赤ちゃんの体に無害な超音波検査による画像診断を基本として行っています。
詳細につきましてはお気軽にご相談ください。

>詳細はこちら

ロコモティブシンドローム

運動器の障害によって、移動機能が低下している状態をロコモティブシンドローム(locomotive syndrome:通称ロコモ、運動器症候群)と言います。
ロコモと診断される方の多くは、加齢による筋量の低下(サルコペニア)やバランスの能力の低下などによる運動器機能不全、運動器そのものの疾患(変形性膝関節症や変形性脊椎症など関節や脊椎が変性する病気、骨粗しょう症 等)などによって、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板などの部位のいずれか、もしくは複数に障害が起きてしまい、そのことで立つ、歩く、座るといった日常生活動作がままならない状態になっていきます。なおロコモは、早い方であれば40歳頃から始まると言われています。

>詳細はこちら

自費診療

当院ではニンニク注射やプラセンタ注射などの自費診療を行っております。詳しくはお問い合わせください。

>詳細はこちら