リハビリテーション科

リハビリテーション

リハビリテーションとは

リハビリテーション

整形外科で行われるリハビリテーション(リハビリ)は、医学的リハビリテーションの中の運動器リハビリテーションになります。なお、医学的リハビリテーションとは、心身の機能や構造に何かしらの障害が生じ、それによって日常生活に支障をきたした状態になっているものを医学的に改善していく取り組みのことを言います。

当外来はその中の運動器の障害に対して行うリハビリになります。例えば骨折をした場合、骨を癒合させるためにギプスなどで固定して安静にした状態になりますが、これによって活動量が少なくなると、筋や骨の委縮、関節拘縮といった症状(廃用症候群)が出るようになり、やがて日常生活動作においても多大な影響が出るようになります。高齢者であればあるほどそのリスクは高くなっていきます。そのため、患部以外の関節や筋肉については積極的に動かしていく必要があります。また五十肩で痛いからと肩を動かさないでいるとさらに肩関節の可動域が狭くなって、日常生活に支障をきたすようにもなります。このような状態を未然に防ぐためにも、リハビリテーションが非常に重要となってきます。

運動器リハビリテーションが必要とされる方

  • 首や肩が痛い
  • 腕が上がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • けがで体がよく動かない
  • 体を動かすと痛みがはしる
  • 手術後のリハビリテーション など

国家資格を有した理学療法士によるリハビリテーションが中心

運動器(骨、筋肉、関節、神経など)で発生した病気やけが、加齢性変化などで生じた機能障害や手術後に残った障害に対して、当院ではスペシャリストである理学療法士がリハビリテーションを行います。主に理学療法を行いますが、同療法は運動療法と物理療法の2つに分類されます。

運動療法とは

運動療法とは、日常生活で必要な動作(食事、入浴、歩行、トイレ、階段の昇り降り、着替え など)を向上させるために体を動かしていくプログラム(訓練)のことで、医師の指示を受けた理学療法士(PT)が患者様をサポートします。その内容は、関節可動域訓練、筋力増強訓練、持久力訓練、運動協調性訓練、歩行訓練等で、これらを行う目的は身体機能や運動機能の維持、改善といったことになります。

物理療法とは

運動器に物理的な作用(エネルギー)を加えて刺激を与え、それで起きた生体反応を利用して機能改善を図っていくというのが物理療法です。いくつかの例を挙げると、様々な周波数による電気を患部に流し、筋や神経を刺激することで、筋肉をほぐしていく電気療法、患部にホットパックを当てるなどして血流を改善させる温熱療法、体のある部分に引く力を加えることで関節変形、拘縮などを改善する牽引療法といったものがあります。ちなみに物理療法は、それ単独で行われるというよりは、運動療法のサポート的位置づけとしてリハビリプログラムに組み込まれていることが多いです。