骨粗しょう症

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、骨がもろくなってしまい(骨密度の低下)、そのことで骨折しやすくなる病気です。同疾患の原因は2つ(原発性骨粗しょう症、続発性骨粗しょう症)あると言われています。骨量(骨密度)が低下していく過程で何かしらの自覚症状が現れるということはほとんどありません。しかし、骨密度が低下するに従って骨折しやすくなるというところがこの病気の怖いところです。
骨粗しょう症による骨折の代表的な疾患である脊椎圧迫骨折や大腿骨骨折を起こすと、寝たきりになったり認知症が進んだりして、これまでの生活が一変することもあります。
したがって、普段から転倒しないように心がけることはもちろんのこと、何よりも骨を強くしておくことが重要となってきます。
当院では骨粗しょう症の分野で国内最大規模を誇る日本骨粗鬆症学会が推奨する腰椎と大腿骨のDXA法(二重エネルギーX線吸収測定法)で検査を行い、正確に骨粗しょう症の程度を評価します。さらに必要に応じて採血も行い診断し適切な薬を処方してまいります。

原発性骨粗しょう症と続発性骨粗しょう症

原発性骨粗しょう症には、閉経後骨粗しょう症や老人性骨粗しょう症が含まれます。女性の多くは更年期(45~55歳)の年代になると閉経を迎えるわけですが、それによってエストロゲン(女性ホルモン)が著しく減少していきます。なおエストロゲンには、骨の新陳代謝に対して骨吸収のスピードを緩めるとされる成分が含まれています。そのため、これが分泌されない状態になると骨吸収のスピードは一気に加速し、骨形成が追い付かなくなります。それが続くことで骨はスカスカの状態になってしまい折れやすくなるのです。特に女性の原発性骨粗しょう症患者様は男性の約3倍いると言われており、骨折する前に骨密度の検査と治療が重要となります。また加齢によって、骨リモデリング(新しい骨をつくる代謝作用)のスピードが落ちるようになるのですが、これによって骨形成のスピードも低下するようになります。これも骨粗しょう症を発症させやすくします(老人性骨粗しょう症)。このほか日頃の生活習慣(食生活の乱れ、運動不足、寝たきり など)やダイエットなどによる栄養不足も骨量の低下を招きますが、この場合は少数です。

続発性骨粗しょう症とは、特定の病気(甲状腺機能亢進症、関節リウマチ、糖尿病、慢性腎臓病 など)や薬剤(メトトレキサート、ワルファリン、ステロイド など)が原因となり、二次的に骨粗しょう症となる病気のことで、骨粗しょう症に伴う骨折が生じ、検査を行っていくことで原因疾患が判明することもあります。

主な症状について

骨量(骨密度)が低下していく過程で何かしらの自覚症状が現れるということは、ほとんどありません。ただ低下するに従って、骨折しやすくなっていきます。そのため多くの方は、転倒した際に尻もちや手をつくなどふとしたことによる骨折、骨量の減少によって背骨が身体の重さに耐えられなくなって起きる背骨の圧迫骨折などによって気づくことが多いです。そのほかにも病状が進行することで腰や背中に痛み、身長の低下、背中の曲がりなどがみられるようになります。なお骨折しやすい部位には、大腿骨(股関節周囲)、手首、肩関節、背骨、膝関節、足関節、骨盤などが挙げられます。

検査について

診断の有無をつけるための検査では、X線(レントゲン)やMRIといった画像検査で骨の状態(骨折の有無 など)を確認していきます。さらに現在の骨量を計測する骨密度測定も行います。この検査は様々な方法がありますが、一般的によく行われているのはDXA法(二重エネルギーX線吸収測定法)です。当院では骨粗しょう症の分野で最大規模を誇る日本骨粗鬆症学会が推奨する腰椎と大腿骨のDXA法で検査を行い、正確に骨粗しょう症の程度を評価します。さらに必要に応じて採血も行い診断します。

治療について

(原発性)骨粗しょう症と診断されたら直ちに治療が行われます。この疾患は骨の生活習慣病とも言われており、主に食事療法や運動療法が中心となります。食事療法ではカルシウムやカルシウムの吸収を促進するビタミンD、ビタミンKなどの食品を積極的に摂取します。また骨を丈夫にするには適度に骨に負荷をかけることも大事なので、ジョギングなどを継続的に行うようにします。さらに転倒防止のために筋力やバランスを鍛える運動も大切です。またこれらに併せて薬物療法も行います。使用される薬は、骨代謝を調整する薬、骨吸収を抑制させる薬、骨形成を促進させる薬です。

なお別の病気が原因となる続発性骨粗しょう症の患者様については、原疾患の治療、薬剤が原因であれば使用の中止や減量といったことが行われます。