よくあるご質問|よもだ整形外科クリニック|京都市下京区の整形外科【JR西大路駅より徒歩6分】 よくあるご質問|よもだ整形外科クリニック|京都市下京区の整形外科【JR西大路駅より徒歩6分】

Address
京都市下京区七条御所ノ内本町89-1
クリニックモール西大路2階

トピックス TOPICS

よくあるご質問

patient
Q
少し前から首が痛いのですが、どんなことが原因として考えられますか?
sensei
A
外傷やケガによる痛みではない場合、考えられる主な原因は2つです。
「年齢的な変化」と「仕事などで首に負荷がかかる無理な姿勢を長時間続けたことによるもの」です。原因により治療方法や対処方法も異なりますのでまずは詳しく診断することが大切です。
patient
Q
寝違えてしまったようですが、どの位で痛みは収まりますか?
sensei
A
ほとんどの寝違えは2~3日安静にしていれば痛みが引きます。
痛みが強い場合は痛み止めやシップを処方いたします。
また、痛みが続く場合は電気治療や首の牽引治療を行うことで症状を改善させていきますのでお気軽にご来院ください。
patient
Q
首の痛みの他に手もしびれているのですが、どんな疾患が考えられますか?
sensei
A
手のしびれが併発している場合は、「頚椎椎間板ヘルニア」「頚椎症性神経根症」「頚椎症性脊髄症」など神経の疾患が考えられます。
神経の疾患の場合は、まずは診察、頚椎のレントゲン撮影による診断を行い、その結果に基づいてお薬の服用やリハビリ等の治療をしていきます。
patient
Q
50代になり肩が上がらなくなったのですが五十肩ですか?放っておいても治りますか?
sensei
A
肩が上がらない場合に超音波で検査をすると、腱板損傷、肩峰下滑液包炎である場合が多いです。
何よりも大切なのはしっかりと診断し、それに伴った治療を行うことです。
五十肩は放っておいたらそのうち痛みがなくなると思っている方も多いですが、基本的には放っておいても治りません。痛いことで動かさないと肩関節が動かなくなりさらに痛くなるという悪循環となりますので早めにご相談ください。
patient
Q
夜になると肩が痛くなるのですが、どんな疾患が考えられますか?
sensei
A
肩が悪い人の典型的な症状です。
腱板損傷、肩峰下滑液包炎などが考えられます。
夜に痛くなる理由としては、日中は重力で腕が下に下がり、肩関節が広がることが悪いところに負担がかかりにくくなるため痛みを感じにくいのですが、寝ている間は重力がかからないので、肩関節が狭くなり悪いところに負荷がかかることで痛みを感じやすくなります。