ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームとは

ロコモティブシンドローム

運動器の障害によって、移動機能が低下している状態をロコモティブシンドローム(locomotive syndrome:通称ロコモ、運動器症候群)と言います。これは、すでに要介護になっている、もしくは要介護となるリスクが高い場合を言います。

ロコモと診断される方の多くは、加齢による筋量の低下(サルコペニア)やバランスの能力の低下などによる運動器機能不全、運動器そのものの疾患(変形性膝関節症や変形性脊椎症など関節や脊椎が変性する病気、骨粗しょう症 等)などによって、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板などの部位のいずれか、もしくは複数に障害が起きてしまい、そのことで立つ、歩く、座るといった日常生活動作がままならない状態になっていきます。なおロコモは、早い方であれば40歳頃から始まると言われています。

なおロコモは、「メタボリックシンドローム(メタボ)」、「認知症」と併せて、「健康寿命の短縮」、「寝たきり・要介護状態」の3大要因のひとつとなっています。

ロコモ度の確認を

以前にも増して体の衰えを感じるようになった、普通に歩いているだけなのにつまずきやすくなっているなど、ロコモの可能性を感じているという方は、日本整形外科学会公式のロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト内の「ロコチェック」(https://locomo-joa.jp/check/lococheck/)にて、ロコモ度を確認してください。なお以下で紹介する「ロコチェック」7項目のうち、ひとつでも該当する項目があれば、ロコモティブシンドロームの可能性があります。

1つでも該当すればロコトレを

チェックの結果、該当項目が1つ以上あった方は、0を最終的な目標として、ロコモーショントレーニング(ロコトレ:主な内容は、片脚立ち、スクワット、筋力トレーニング機器を用いた訓練 など)を行うようにしましょう。また原因疾患がある場合は、その治療を優先するようにします。

ロコモとの診断を受けた、あるいはその予備群であると指摘された場合は、個々の症例によって異なりますが、基本的には、筋力の強化、歩行訓練などを行うほか、バランス強化や歩行の安定性に努めるようにします。