スポーツ整形

スポーツ整形

スポーツ整形とは

スポーツ整形

主にスポーツによるけが(組織損傷)を中心とした外来になります。この場合は、日常生活で起きる運動器の症状とはかなり異なることが多く、当院では一般整形外科と分けて対応いたします。なおスポーツのけがにつきましては、大きくスポーツ外傷とスポーツ障害に分類されます。前者はスポーツ中に生じた強い外力による組織の損傷のことで、骨折や腱の断裂、靭帯損傷、肉離れといったものがあたります。後者は同じ動作を繰り返す、いわゆる酷使(オーバーユース)によって起こる障害のことで、疲労骨折、腱の炎症、靭帯の炎症、習慣性となった脱臼、関節不安定症などがあります。

治療に関しましては、けがからの早期回復と今後の予防に重点を置いております。例えば、患者様の年齢、性別、けがの重症度、現在行っているスポーツの種目や、そのポジションまでもしっかり考慮しながら回復および再発予防のスケジュールを立てていきます。具体的には、筋力強化、ストレッチング、運動動作指導といった運動療法プログラムもご用意しておりますので、ぜひご活用ください。いずれにしてもスポーツの負傷は、初期治療がとにかく大切です。速やかにご受診ください。

スポーツの損傷によって発生する主な組織損傷

スポーツ外傷 骨折、腱断裂、靭帯損傷、肉離れ、筋断裂 など
スポーツ障害 疲労骨折、骨壊死、骨の変形、腱炎、腱鞘炎、靭帯炎、関節の不安定性、習慣性脱臼 など

部位別にみたスポーツ外傷とスポーツ障害

部位 スポーツ外傷 スポーツ障害
頸部 頸部(頚髄、頸椎)損傷、バーナー症候群  
肩・上腕 投球骨折 リトルリーガーズショルダー(上腕骨近位骨端線離開)、野球肩(インピンジメント症候群、上方関節唇損傷、肩前方不安定症、腱板損傷、上腕二頭筋長頭腱炎)、水泳肩(腱板損傷、肩峰下滑液包炎)
胸部   助骨疲労骨折
肘関節、前腕   野球肘(上腕骨内側上顆裂離骨折、上腕骨内側側副靭帯損傷、上腕骨小頭離断性骨軟骨炎、尺骨肘頭疲労骨折)、テニス肘、ゴルフ肘
手、指 スキーヤー母指、槌指  
腰部   脊椎分離症
大腿   大腿骨疲労骨折
骨盤、股関節 骨盤裂離骨折 坐骨結節骨端症、骨盤疲労骨折、大腿骨頸部疲労骨折、鼡径部痛症候群
脚の筋肉 肉離れ・筋断裂、筋挫傷  
膝・下腿 半月板損傷、膝十字靭帯損傷、膝蓋骨脱臼 離断性骨軟骨炎、ジャンパー膝、ランナー膝、腸脛靭帯炎、鵞足炎、シンスプリント、オスグッド・シュラッター病、シンディングラーセン・ヨハンソン病、脛骨疲労骨折、腓骨疲労骨折、テニスレッグ
アキレス腱断裂、足関節靭帯損傷、有痛性外脛骨障害 シーヴァー病、アキレス腱炎・周囲炎、足底腱膜炎、中足骨疲労骨折、踵骨疲労骨折、舟状骨疲労骨折、有痛性外脛骨障害

応急手当も重要

スポーツによる組織損傷が発生した直後の対応に関してですが、全身の状態にこれといった異常が見られないと現場で確認できれば、RICE(Rest:安静、Icing:冷却、Compression:圧迫、Elevation:拳上)と呼ばれる応急手当を行うようにしてください。

Restとは安静をはかるという意味で患部の腫れや血管・神経のダメージの拡大を防ぐようにします。Icingは患部を冷やすことで、これによって感覚がなくなったら一旦はずします。Compressionは包帯やテーピングで患部を圧迫して、内出血や腫れを防ぐようにします。Elevationは出血がある場合、それをできるだけ抑えるために患部を心臓よりも高い位置に置くことを言います。これを速やかに行うことで早期の回復(治療期間の短縮)が期待できるようになります。その後、医療機関にて疼痛緩和の対症療法や保存療法、手術療法などが行われます。