関節リウマチ

関節リウマチ

関節リウマチとは

関節リウマチ

主に30~50代の女性に発症しやすく、原因不明の免疫異常によって関節に腫れや炎症がみられる疾患です。よくみられる症状は、手指や手、肘、膝、足の指といった関節に左右対称でみられる腫れ、痛み、朝方のこわばり、関節の変形などです。さらに病状が進行すると関節の破壊がみられるようになります。また同疾患と診断される基準には、3ヵ所以上の関節で腫れや痛みがあるというのもあります。このほか、関節外の症状では、皮下結節、手根管症候群、ドライアイ、強膜炎、間質性肺炎、胸膜炎などが出現し、全身症状としては、倦怠感、疲れやすい、貧血、微熱、体重減少などもみられます。

上記の症状などから関節リウマチが疑われる場合は、診断をつけるための検査を行います。具体的には、血液検査で炎症の有無、関節リウマチを発症することで現れやすい物質(リウマイド因子 など)、ごく早期の関節リウマチでも血液中にみられる物質(抗CCP抗体)を調べる、レントゲンや超音波検査、あるいはMRIなどの画像検査で関節の変化や炎症の程度を確認していきます。

治療について

治療に関してですが、一度破壊された軟骨、骨は元に戻すことが困難であるため過度な負荷はかけないようにします。そのうえで、薬物療法、リハビリテーション、手術療法を行います。治療の目的は寛解(症状がほぼ消失し、臨床的にコントロールされている状態)になります。

薬物療法としては、主にメトトレキサートなどの抗リウマチ薬を服用します。これには症状の進行を遅らせる、あるいは抑える効果が期待できます。ただこれだけでは改善が難しいと医師が判断すれば、生物学的製剤による注射や点滴も用いるようにします。なお、内服薬でも注射でも、その副作用が懸念されますので、定期的に検査を受けるようにします。

また、薬物療法にのみ頼りきって、関節を動かさないままでいると、やがて筋力の低下や関節の可動域が狭くなどして日常生活に支障をきたすようになります。そのためリハビリテーションとして理学療法(関節可動域を広げるための運動や筋力の保持といった運動療法、温熱療法や電気療法などの物理療法)、装具療法も併せて行っていきます。

なお病状が進行しすぎて骨が破壊されてしまった、薬物療法では効果がないと医師が判断した場合は、手術療法(外科的治療)となります。この場合は、関節破壊の進行を予防するために滑膜を切除する滑膜切除術をはじめ、関節破壊の進行によって可動域制限があり、なおかつ強い痛みも残っている関節に対して人工関節に入れ替える人工関節置換術、関節破壊の進行で強い痛みがあり、関節を固定した方が日常動作を行いやすいという場合に行われる関節固定術が行われます。手術療法が必要という場合は、当院の連携先の医療機関へご紹介いたします。