自費診療

自費診療

ニンニク注射

ニンニク注射

ニンニク注射とは、ニンニクそのものが主成分というわけではなく、主にビタミンB1が配合された成分を静脈へと注射していきます。効果としては、疲労回復、二日酔い、肝機能の回復、代謝の改善といったことが期待できます。そのため、激しく疲労している、肉体労働の後、病み上がり、飲み過ぎたといった場合に用いられることが多いです。なお、同注射を行う際にニンニクのような臭いが広がることから一般的には、ニンニク注射と呼ばれるようになりました。

プラセンタ注射

人間の胎盤から抽出したエキスのことをプラセンタと言います。胎盤には栄養素や成長因子(ヒアルロン酸、コラーゲン、必須アミノ酸、たんぱく質 など)が含まれていることから、これまで肝臓疾患、更年期障害、アレルギー症状といったことでお悩みの患者様に使用されてきました。その後、プラセンタには肌の新陳代謝を促進させる効能もあることが分かり、シミやくすみの予防や改善効果も期待できるとされ、美容治療としても用いられるようになりました。なお美容目的で使用する際は、保険は適用されません。したがって全額自己負担となります。

なおプラセンタを体内に摂取する方法としては、点滴、注射、サプリメントがありますが、当院では注射になります。そのため、短時間で済むほか、即効性も期待できます。ただ、同注射を1回打っただけでは、持続効果は期待できません。そのため継続的な効果を実感したければ、週1~2回打つなど、定期的に通院するようにしてください。

副作用についてですが、これまでに重大な副作用があったという報告は上がっていません。ほかには、注射した部位が赤く腫れる、痛むということはあります。ただ腫れはさほど目立たず、痛みも数日で治まるようになります。なお注意点として、プラセンタ注射を一度でも受けると、それ以降は献血をすることはできなくなります。