一般整形外科

一般整形外科

一般整形外科とは

一般整形外科

日本整形外科学会認定の整形外科専門医である当院長が、運動器(骨、筋肉、関節、神経 など)の異常(痛みや違和感 など)を訴えて来院される患者様の診療を行うのが一般整形外科です。具体的には、首、肩、腰、膝、手足などの各関節、筋肉、腱に痛み(肩こり、腰痛、膝の関節痛 など)がある、神経が原因と考えられる症状(手足のしびれ、感覚障害、運動障害 など)がみられる、骨折や脱臼、打撲などによる痛みや腫れがあるといった患者様を対象に診察・検査・治療を行っていきます。

なお、整形外科は全ての世代の方(乳児~高齢者まで)を対象としています。保護者から見て、お子さんの歩き方がおかしい、転びやすいなどの症状があるという場合もお気軽にご相談ください。もちろん日常生活で腰を捻った、慢性的に肩こりがある、少し歩くと足が痛くなったり、しびれたりする、首を寝違えたという場合も遠慮することなくご受診ください。当院では、まず症状の原因を突き止めるべく、問診をはじめ、身体診察で症状の重症度などを確認していきます。また必要に応じて骨密度検査や血液検査まで行い、原因の特定と的確な診断をし、適切な治療法をご提案いたします。

診察の結果、MRIやCTなどの精密検査が必要、もしくは入院加療を要すると判断すれば、当院の提携先でもある医療機関をご紹介いたします。

このような症状はご相談ください(例)

  • 肩や首がこる
  • 腕が上がらない
  • 腰、肩、膝、首、肘などが痛む
  • 手足、背中、股関節などが痛む
  • 手や足などがしびれる、感覚が鈍い
  • 手足に力が入らない
  • 手指がこわばる、腫れる
  • 指を伸ばす時に引っ掛かる
  • 突き指をした
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼をした
  • 縫合が必要な傷や切り傷、すり傷などの外傷を負った
  • 交通事故にあった、仕事中にけがをした など

症状別にみる整形外科領域の代表的疾患

よく見られる症状 考えられる主な疾患
首の痛み 頸椎症、寝違え、むち打ち症、頸椎症性神経根症、頸椎椎間板ヘルニア
肩のこり、痛み 五十(四十)肩(肩関節周囲炎)、肩腱板損傷、野球肩、頸肩腕症候群
手のしびれ 頸椎椎間板ヘルニア、手根管症候群、肘部管症候群
肘の痛み 上腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、ゴルフ肘)、肘内障、肘部管症候群、変形性肘関節症、野球肘(離断性骨軟骨炎、上腕骨内側上顆剥離骨折、内側側副靱帯損傷)
手・手首の痛み 手根管症候群、関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症
手の指の痛み ばね指、突き指、ヘバーデン結節、ブシャール結節
腰の痛み ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板症、胸・腰椎圧迫骨折、腰椎分離・すべり症、坐骨神経痛、骨粗しょう症
ももの付け根の痛み 変形性股関節症、股関節唇損傷、グロインペイン症候群、単純性股関節炎(小児)
足のしびれ 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)、関節ねずみ(関節内遊離体)、ジャンパー膝、腸脛靱帯炎
すねの痛み シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
足の痛み 足底腱膜炎、扁平足、アキレス腱炎、アキレス腱断裂、有痛性外脛骨
足趾の痛み 外反母趾、巻き爪(陥入爪)、痛風