乳児股関節エコー二次検診

乳児股関節脱臼

乳児股関節脱臼とは

乳児股関節脱臼

股関節とは臼蓋(きゅうがい)というお碗にボール状の大腿骨頭(だいたいこっとう)がはまり込んでできています。
乳児股関節脱臼とは出生後に骨頭が関節包(かんせつほう:関節を囲む袋状の被膜)に包まれた状態で臼蓋から外れる(=脱臼している)状態を言います。ちなみに成人の股関節脱臼は大きな外力によって起き、関節包は破れた状態になります。このいわゆる外傷に伴う股関節脱臼とは別の病気となります。

原因については、臼蓋のできが悪い臼蓋形成不全症(きゅうがいけいせいふぜんしょう)や関節が緩いなどの先天的な要因や、子宮内や出産時の肢位、おむつの着け方が不適切などの環境要因といったことが考えられていますが、これらが複雑に組み合わさるなどして起きるのではないかと言われています。なおこの症状は左側で起きやすく、女児に多く見受けられるのが特徴で、男児にも起こりえます。

主な症状ですが、痛みなどの自覚症状はなく、生まれて間もない状態の頃は股が開きにくい開排制限(かいはいせいげん)がみられます。多くは乳幼児健診(1ヵ月児、3~4ヵ月児)での開排テスト(両膝を立てた状態で、股関節の開き具合を確認する検査)で見つかることが大半です。この時点で見つからないと歩行をし始める時期が遅れる、歩くようになると跛行(はこう:足を引きずるように歩く)などがみられるようになります。

当院では、乳児股関節脱臼が疑われる場合、被爆のない超音波検査によって大腿骨頭の位置などを確認することで診断をつけていきます。必要に応じてレントゲンでの検査も追加いたします。診断の結果、治療が必要となった場合は、乳児期であればリーメンビューゲルという装具を用いた装具療法を行います。これは、股関節が常に90度以上の屈曲位が保てるようバンドで固定する装具で、これによって大腿骨頭が臼蓋に入っている状態をキープできるようになります。

これによって多くの赤ちゃんが改善するようになりますが、それでも効果がみられないという場合は、入院をしての牽引療法(オーバーヘッドトラクション など)となります。これでも困難な場合は、観血的整復など手術による外科的治療が行われます。

なお当院では、乳児股関節エコー二次検診として、開排テスト、大腿鼠径(だいたいそけい)の皮膚のしわが左右対称か、下肢の長さが左右均等か、といった身体の徴候のチェックをし、さらに赤ちゃんの体に無害な超音波検査による画像診断を基本として行っています。
詳細につきましてはお気軽にご相談ください。